×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・宮城県道208号線大(おお)島線の旅

気仙沼市デリニエーター 出島と違い、気仙沼市デリニエーターも健在。
ヘキサ 磯草からしばらく走るとヘキサ発見。
浦の浜からたった1kmである。
大島ポンプ場 途中、大島ポンプ場がある。
水はここから取っているのだろう。
また、島には電線があるので、電気も通っている。
浦の浜一時停止 浦の浜に到着。止まれがある。
規制ばかりでうんざりする。
交通事故が多いと考えると仕方ないのだが。
浦の浜から先 浦の浜から先は道が細くなる。
細くなった先の角を県道は右へ曲がる。
ガソリンスタンド 宮城県で唯一だろうか。離島のガソリンスタンドを発見。
大島にはここ以外にあと2か所ガソリンスタンドがありました。
分岐 県道はここを左に折れる。
分かりにくいところなので、うっかりするとコースアウトしてしまう。
大島架橋の早期実現を 上の写真の曲がり角にある漁協だ。こちらにも大島架橋のことが書いてある。
16 その曲がり角にこんなものがあった。
16とは何の数字だろうか?起点から16km?
気土は気仙沼土木事務所の略であるらしいが、下から読むと千葉県にある土気(とけ)になる(ぁ
30km/h規制 曲がり角を折れると、今度は時速30km/h規制標識。
まあ道も狭いことだし、そんなものか。
ここから先はしばらく1車線が続きます。途中のカーブのところに待避所がある他は中央線は出てきません。
続きは大島中心部へ。

123456789

前へ 宮城離島県道の旅へ 次へ
トップページへ