×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・宮城県道217号線出(いず)島線の旅

船が来る なんと午後6時20分と勘違いしていた時刻は寺間港発のものだった。
出島港発は午後6時8分。ダッシュで出島港に向かった。幸い船はまだ来ておらず、ちょうど午後6時に出島港に着いた。
午後6時になるといきなりL'Amour Est Bleuが流れた。船の到着の合図かと思ったが、そうではなく、単なる時報だった。
そして4分ほどして船乗り場に行くと写真のように港に光が灯った。今度こそ船が来る。
船到着 そして、無事にしまなぎ号到着。
たくさんの人が降りていった。
ちなみに出島、寺間両方合わせても乗ったのは自分1人(爆)
行きは2階席だったので、帰りは1階席に座ることにした。
しまなぎ乗船券 網地島の時と同じように船内改札で女川までの乗船券を購入。すると写真のように乗船券本体と証明書がついた。
夜ということもあって、真っ暗である。船は真っ暗の中を進む。なんだか雰囲気が夜の列車に似ている。
夜の寺間集落 例の女川第四小学校の男の子のアナウンスで寺間集落に到着。
自分以外の船に乗っていた人はここで全員降りて行った。
写真は夜の寺間集落。しかし真っ暗で光しか見えない。
その後、無事に女川港に到着。最終便なのでマリンパルは閉まっていました。
女川停車場線 歩いて女川駅に行く途中、こんなものを発見。
出島のはきれいだったのに、本土のはボロボロ。

12345678オマケ

その8へ 宮城離島県道の旅へ
トップページへ